相続税は基礎控除に注目

相続税

被相続人が亡くなった際、法定相続人に求められるのが相続税の申告と納付です。
相続するものがあった場合は、漏れなく税金を支払うことが必要となるので注意しておくことが必要となってきます。
もちろん、これは税金なので踏み倒すということはありません。
唯一相続税から逃れる方法としては、相続放棄をするくらいしかありません。
相続放棄というのは文字通り、相続を放棄するということです。
相続放棄をすれば、自分が相続人だったという認識から除外されるので、相続税を支払う必要はなくなります。
ただ、相続放棄をすれば相続を受けること自体ができなくなるため、注意が必要です。
また、相続放棄しなくても、実は税金がかからない場合もあります。
そこを知っておくだけでも、判断はまた違ってくるかもしれませんね。

相続税において定められているのが、相続税に対する基礎控除です。
基礎控除というのは、色々と用意されている控除の中でも、特に条件などもなく受けられる控除となっています。
どういうものなのかというと、相続税の場合は3,000万円の控除が受けられます。
また、相続人1人当たりに600万円の控除が認められているのも特徴です。
つまり、相続人は3,600万円までは、税金の対象とならないということになります。
3,600万円を超えないかぎり、税金が発生することはありません。
3,600万円を超えて4,000万円などになった場合、差し引いて残りの400万円に対して課税されるようになっているのです。
ただ、この場合は他にも色々な特別控除が用意されているので、その限りではありません。
ここではあくまでも簡単に説明していますが、他にも控除を活用すると、負担を軽減することができます。
基礎控除に関してはないも条件がなく受けられるので、絶対に活用すべきです。
……というよりは、税金の計算の際に自動的に考慮されるようになっているので、そこは安心して大丈夫です。

その他、特別な控除は条件などがありますが、配偶者控除などは活用しやすいですし、他の控除も色々と使っていくことが可能です。
これらに関しては節税の面も強いので、できる限り活用できるようにしましょう。
わからないことも多いはずなので、まずは税理士などの専門家を活用してみてください。
専門家であれば、節税にも考慮してくれるので安心です。