相続税の計算方法

遺産相続することになったら、同時に相続税についても考えておかなければなりませんが、相続税の計算ってどうするの?と感じている人も多いと思います。
そこで今回は一般的な相続税の計算方法についてお話していきますから、これから遺産相続する人もそうでない人も将来に備えて頭に入れておいてください。

まずはじめに遺産相続したからといって必ず相続税を支払う対象になるわけではありません。
相続税を支払う対象になるのは基礎控除額を超える遺産を相続した場合に限り、その計算は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)で出せます。
たとえば亡くなった被相続人に配偶者と子供1人がいた場合、この2人が法定相続人になりますので3,000万円+(600万円×2)で基礎控除額は4,200万円となります。
相続税が発生するのはこの4,200万円を超えたときで、遺産の総額がここまで満たない場合は相続税を支払う必要はありません。

次に相続税を出すためには相続する財産の総額を知っておかなければならず、まずはプラスの財産とマイナスの財産を出します。
たとえばプラスの財産が1億円で、マイナスの財産が5000万円だった場合、相続する財産は5000万円になりますから、法定相続人は5000万円を相続するつもりで相続税の計算をする必要があります。
この計算は正確にやらなければなりませんので、遺産がすべてそろっている必要があります。
そのためには遺産調査をしっかりやること、そして法定相続人が誰になるのか明らかにしておくことが大切です。

もしここに誤りがあった場合、遺産相続自体が振り出しに戻ってしまいますから、遺産分割協議をしたとしても意味のないものになってしまいます。
ですから遺産相続をするときにはできるだけ専門家に間に入ってもらって、スムーズな相続ができるように確実にしておかなければならない部分は任せたほうがいいでしょう。
まずは最寄りの法律事務所などで問い合わせてください。