相続税はいくらからかかるの?

相続

相続税と聞くと「支払い金額が大きくなりそうで不安」という方も多いのではないでしょか。
実際に相続税の申告や納税に置いて、心配になっている方は多いです。
しかし、相続税というのは、誰でも必要となってくるわけではありません。
事実、相続税に関しては、遺産総額が3,600万円以下の場合は一切かからないとされています。
この3,600万円を基準に考えていくと、よりわかりやすいかもしれません。
事実、一般の家庭では、その基準を超えてこないことも多いです。
国としても、相続税がそこまで細かく必要となってくると計算も面倒ですし、手間もかかります。
そのため、実際には必要とならないことも多々あるのです。
まずは、被相続人の遺産がどれくらいなのか計算しておくことが必要です。

それらの計算をしておくことで、税金がかかるかどうかも決まってくるのでしっかりと計算するようにしましょう。

また、相続税に関しては遺産総額と相続人の数も関係しています。
3,000万円にプラスにして、法定相続人の人数分の600万円以上の遺産がある場合は、相続税も必要となってきます。
つまり、法定相続人の数によっても、税金がいくらからかかってくるのかという点が左右されてくるということです。
ただ、逆に言えば、それらを越えない限りは相続税がかかることもありません。
もちろん、相続人の中には「俺は相続放棄する」「私も相続放棄したい」という意見が出てくることもあります。
そうなった場合、1人当たりの相続税に関しても変わってきます。
もともと相続放棄の場合は、相続する権利自体を持っていなかったと考えることが多いため、遺族や家族の中に相続放棄する方がいれば、それだけで相続税の有無も変わってくるのです。
そのため、遺産に関する協議はしっかりとおこなっておくことをおすすめします。

その他、遺産の内容によっても変わってきます。
例えば、現金の遺産が2,000万円しかない場合、普通なら「相続税も支払わなくて良い」と思うかもしれません。
しかし、例えば土地や建物など、他にも数千万円ほどの価値がある遺産があるかもしれません。
その場合も含めて、相続税というのは計算しなくてはなりません。
現金だけということではないため、そこは注意が必要となります。
しかし、それらの計算をすべておこなわなくてはならないとなると、やはり負担もかなり大きなものとなってきます。
その場合、専門家などに相談して対処してもらった方が良いかもしれません。