相続税の納税期間

これを読んでいる皆さんは遺産相続の際に発生する相続税の納税期間がどのくらいかご存知でしょうか?
相続税は被相続人が亡くなった日から数えて10カ月以内と定められており、この期間を過ぎてしまうとペナルティが発生する可能性が高くなります。
そこでここでは相続税の納税期間とペナルティについてお話していきます。

はじめに先ほども言いましたが、相続税の納税期間は被相続人が亡くなってから10カ月以内で、この間に戸籍調査や財産調査を行い、遺産分割協議をして法定相続人を決定し、相続税の計算・納税という流れになります。
10カ月もあるし大丈夫!となかなか手続きを始めないと思わぬところで落とし穴がある可能性も考えられます。
たとえば戸籍調査や財産調査が思った以上に時間がかかることもありますし、遺産分割協議が長引くこともあるでしょう。
ですから相続税の納税期間のことも考えて、葬儀が終わったら速やかに遺産相続の手続きをはじめることをおすすめします。
もし納税機関の10カ月を過ぎてしまうと延滞税や過少申告加算税、無申告加算税、重加算税といった利子・罰金がかかります。

また、もうひとつ重要なポイントとして正しい納税額を出すことで、もし間違った計算をしてしまうとペナルティの対象になるので注意してください。
さらにプラスの財産のほうが多ければ相続すると思いますが、マイナスの財産のほうが多い場合は相続放棄も選択肢に入れると思います。
相続放棄は被相続人が亡くなってから3カ月以内に手続きしなければならないので、相続税の納税期間よりもずっと短いです。
この点も早めに遺産相続の手続きをはじめたほうがいい理由のひとつと言えるでしょう。

このように相続税には決められた納税期間があり、守らなかったり間違った計算をして申告しているとペナルティが発生しますので、正しく手続きをしてください。
税理士などの専門家に依頼して手続きを進めると間違いもなくスムーズに遺産相続できる思います。