評価額の調べ方

相続税を計算するにあたって、まずは残された遺産の評価額を調べて遺産の総額がいくらになるか明らかにしなければなりません。
相続税は基礎控除額を超えなければ支払う必要はありませんし、相続する価格によって税率が変わりますから、評価額は正しく出す必要があります。
遺産の中でも特に多いとされているのが預貯金や株式、不動産ですがこれらはどのようにして評価額を出すのでしょうか?

まず預貯金は現金ですからもっとも分かりやすく、特に調査することはありませんので現金を相続人分で分配するだけです。
次に株式ですが、これは株券を発行している会社を管理する証券会社や信託銀行に問い合わせて評価額を出してもらいます。
評価額が分かったら相続人にそれぞれ分配すればいいでしょう。

そして不動産ですが、こちらは少しややこしい面があります。
土地の場合は宅地・田・畑・山林などの地目ごとで評価していきますので、路線価が定められている地域にあるかどうかで計算方法が異なります。
路線価が定められている場合は路線価方式で計算し、計算式は路線価(千円/?)×面積(?)×補正率となります。
路線価が定められていない地域にある土地の場合は倍率方式で計算することになり、固定資産税評価額×国税局長が地域ごとに定めている倍率で評価額を出します。
さらに家屋の評価額を調べる場合は固定資産税評価額×1.0で計算します。
これらの詳細については国税庁のホームページに記載されているので、そちらからチェックしてください。

このように預貯金・株式・不動産は評価額を出す方法が異なりますので、相続するのがどれに該当するのか確認してから計算してください。
また、相続財産が多い場合、自分たちだけで調べるのは難しいと思いますので、財産調査を専門家に依頼するとスムーズな遺産分割協議になるでしょう。
最近ではインターネット上にも数多くの専門サイトが開設されていますから、そちらも合わせて参考にしてください。