法定相続人が考えるべきこと

遺産相続の法定相続人になったら、相続税の支払いについて考えなければなりません。
相続税の納税期限は相続開始から10カ月以内と決められており、この期間を過ぎてしまうとペナルティが発生する可能性があります。
法定相続人は被相続人の遺言によって決められる場合もありますが、法律上は被相続人の配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹の順番で相続することになっています。
また、相続できる割合もこの順番で多くなりますので、割合もチェックしておく必要があるでしょう。

法定相続人はまず財産の基礎控除額を明らかにし、その後財産の総額を計算して相続税がかかるのか確かめます。
相続税の税率は相続する金額によって異なりますので注意してください。
相続税の計算は特に難しいことはありませんので誰でもできますが、そこに至るまでが大変です。
たとえば法定相続人が誰なのかを調べるにしても、被相続人の戸籍調査や財産調査をしなければなりませんし、被相続人に愛人や認知している子供がいたりすると法定相続人の数も増えます。

遺産分割協議は法定相続人全員が納得しなければ終わりませんし、一人でも欠けていると遺産分割協議書ができても無効になってしまいます。
財産にしてもプラスの財産だけが残っていると思ったら、マイナスの財産のほうが多かったというケースもあります。
この場合、相続税は発生しませんがその代わり負債を抱えることになるので余計負担が大きくなります。
そうすると相続放棄も選択肢に入れなければなりませんから、その手続きに移行します。

このように法定相続人は相続税の計算に至るまでにやるべきことがたくさんありますから、自分だけで解決しようとするよりも弁護士や税理士など遺産相続に詳しい専門家の力を借りて進めてください。
特に初めて遺産相続する場合、遺産相続自体がどんなものかよく理解できていないケースもあり、後からいろいろなことが明らかになって苦労することもあります。