相続税の基礎控除

遺産相続をすると相続税の計算をしなければなりませんが、そこで最初にやるのが基礎控除の計算です。
基礎控除とは一定の金額までであれば相続税がかからない基準であり、そこを計算してからでないと相続税の計算はできません。

基礎控除額を出す計算式は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)で、法定相続人の数のところに人数分の数字を入れて計算するだけなので非常にシンプルです。
たとえば法定相続人が配偶者と子供3人の場合は法定相続人の数は4になりますので、3,000万円+(600万円×4)で、基礎控除額は5,400万円になります。
したがってこの場合、全体で5,400万円以内の財産しかなければ相続税はかかりません。

基礎控除額が明らかになったら次は遺産の計算に移りますが、これは本来残されていた正味の財産と後から発覚したみなし財産を足し、その後負債や葬式費用・生命保険金や死亡退職金など非課税財産を引きます。
そこで出た金額に相続開始前から3年以内の財産と相続時精算課税制度を適用した贈与財産があればそれをプラスします。
そうして出てきた金額が相続の対象になる財産となりますので、その金額が基礎控除額を上回る場合は相続税が発生し、そうでなければ相続税はかかりません。

基礎控除額は先ほど紹介した計算式を見ても分かるように法定相続人の数によって変わりますから、財産の総額を調査すると同時に法定相続人が誰になるかも調べなければなりません。
たとえば被相続人に離婚歴があったり、認知している子供がいる場合、法定相続人の数が増えますからきちんと戸籍調査などをしてから遺産分割協議を開始してください。

この辺りは素人だけだと難しい面もありますので、遺産相続に詳しい専門家に頼ることをおすすめします。
財産調査と戸籍調査さえ確実にやっておけば相続税の納付で間違いが起こることはほとんどないでしょう。
スムーズな流れで遺産相続できるようにひとつひとつ確実にこなしてください。