相続税の納税期間

これを読んでいる皆さんは遺産相続の際に発生する相続税の納税期間がどのくらいかご存知でしょうか?
相続税は被相続人が亡くなった日から数えて10カ月以内と定められており、この期間を過ぎてしまうとペナルティが発生する可能性が高くなります。
そこでここでは相続税の納税期間とペナルティについてお話していきます。
続きを読む 相続税の納税期間

相続税を計算するときのポイント

遺産相続するなら必ず考えなければならないのが相続税についてで、多くの人がややこしい問題だと感じているのではないでしょうか?
しかし相続税の計算はポイントさえ掴めていればそれほど難しいものではありませんし、実は誰でもできるものなのです。
そこで今回は相続税の計算をするときのポイントをお伝えしていきたいと思います。
続きを読む 相続税を計算するときのポイント

評価額の調べ方

相続税を計算するにあたって、まずは残された遺産の評価額を調べて遺産の総額がいくらになるか明らかにしなければなりません。
相続税は基礎控除額を超えなければ支払う必要はありませんし、相続する価格によって税率が変わりますから、評価額は正しく出す必要があります。
遺産の中でも特に多いとされているのが預貯金や株式、不動産ですがこれらはどのようにして評価額を出すのでしょうか?
続きを読む 評価額の調べ方

法定相続人が考えるべきこと

遺産相続の法定相続人になったら、相続税の支払いについて考えなければなりません。
相続税の納税期限は相続開始から10カ月以内と決められており、この期間を過ぎてしまうとペナルティが発生する可能性があります。
法定相続人は被相続人の遺言によって決められる場合もありますが、法律上は被相続人の配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹の順番で相続することになっています。
また、相続できる割合もこの順番で多くなりますので、割合もチェックしておく必要があるでしょう。
続きを読む 法定相続人が考えるべきこと

非課税になる財産

相続税の計算をする前には被相続人がどれだけ遺産を残しているのか、またその価値はどのくらいあるのか、さらに法定相続人は誰なのかを明らかにしなければなりません。
同時に財産が相続税の対象になるものかも調べる必要があります。
なぜなら財産の中には非課税のものもあり、相続税の対象になる財産からそれを引いて考える必要があるからです。
続きを読む 非課税になる財産

相続税の基礎控除

遺産相続をすると相続税の計算をしなければなりませんが、そこで最初にやるのが基礎控除の計算です。
基礎控除とは一定の金額までであれば相続税がかからない基準であり、そこを計算してからでないと相続税の計算はできません。
続きを読む 相続税の基礎控除

課税価格の計算ついて

相続税の計算は課税価格を計算するところからスタートしますが、初めて遺産相続を経験する人にとっては難しいと感じる人も多いそうです。
しかし計算方法自体はそれほど難しいものではありませんので、是非覚えておいてほしいと思います。
それではここから課税価格の計算方法を紹介していきます。
続きを読む 課税価格の計算ついて

相続税の計算方法

遺産相続することになったら、同時に相続税についても考えておかなければなりませんが、相続税の計算ってどうするの?と感じている人も多いと思います。
そこで今回は一般的な相続税の計算方法についてお話していきますから、これから遺産相続する人もそうでない人も将来に備えて頭に入れておいてください。
続きを読む 相続税の計算方法